GALLERY ARCHIVES

□11/16 「JUIN-スヰヘイ社 Exhibition」

2012/11/16-11/28

archives4

「グリーンと古道具のある情景」と題した企画展。富山市内にある小さな花屋、ジュアンと、海辺の町にある小さな古道具屋、スヰヘイ社。静かに呼吸しながら、しかし確かに力強く生きる植物と、古き道具が持つ、そのモノに刻まれた記憶の美しさ。その対象的な両者の展示企画。

□8/4 アール・ブリュット「なつの やまの うえ 展」

2012/08/04-09/02

archives3

ただひたすらに思うままのドローイング。軽度の発育障害を持つ彼らの、力強く自由な絵画表現の世界は見ているととても心躍ります。とてもちいさくとても、ちからに溢れた展覧会。

□5/18 「51% GOWARIICHIBU Exhibition」

2012/05/18-06/13

archives2

富山市にある建築デザイン事務所、五割一分「これまでの仕事展」と題し、現在までに手がけた建築写真や、グラフィックデザインを展示。彼らのミッションは、建築デザインや、グラフィックデザインを通し、「ココロのズッとおくの方に、グッとくるモノ作り」を行なうこと。SAYSFARMの建築と、エチケットデザインを手がけました。

□3/13 「KAKI CABINETMAKER Exhibition」

2012/03/13-04/11

archives1

北アルプスの麓、粟巣野で、豊かな自然の中、理想の暮らしを求めながら日々、手仕事による家具を作り続ける家具メーカー。彼らの家具作りのコンセプトは、「THE TIMELESS BEAUTY OF SOLID WOOD」厳しい自然と共に生き、生み出される家具は、時代を超えて愛されています。SAYSFARMキッチンで使用している椅子は、KAKIのものを使用しています。